English

2013年農村ニュース特大号にとりあげられました!特集はコチラからダウンロード!

日本で初めて樹木粉砕機を作って42年!(株)カルイの粉砕機は、枝処理の重労働を軽減するだけでなく、粉砕チップは肥料になります。実演デモのお申込はお気軽に!

カタログダウンロード
▲1クリックでダウンロード
▶その他ダウンロードはこちら

カルイ製品取扱店一覧

デモ機を動画で見る
カルイ製品の動画一覧はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
デモ機無料出張実演会の申込はコチラ


チップサンプルのお申込はコチラ


粉砕機で生成した竹粉の活用方法はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
カタログのダウンロードはコチラ

お問い合わせはフリーコール【0120-933-090】まで!(受付時間:平日、午前8:00~午後5:00)メールフォームはクリック

サイト内検索

よくある質問と回答

テレビ・新聞で紹介されました。メディア掲載実績

導入先一覧

  • 曹洞宗大本山總持寺
  • えんじょいネット
  • 山形大学
  • 東北芸術工科大学
  • 徳島大学
  • 大塚製薬
  • 山田養蜂場
  • 鹿児島市
  • 姫路市
  • 精華町役場
  • 井出町


▲粉砕機ドットコム


▲カルイ公式ホームページ

 

生産終了品:製品情報:KDC-800B/KDC-800

※後継機種「KDC-801B/KDC-801」はこちら!

 

 

粉砕している様子を動画でご紹介。

KDC-800B(ブロア付きタイプ) KDC-800(ブロア無しタイプ)

 

KDC-800B/KDC-800の特徴

小型なのにパワフルな「KDC-800B/KDC-800」。
KDC-80B/KDC-80からリニューアルした部分も含めて大きな特徴をご紹介します。

 

1.8馬力で最大110㎜の樹木が粉砕可能!

旧機種(KDC-80B/KDC-80)と同じ
コンパクトな8馬力ながら、
直径が最大110㎜の樹木を
粉砕出来るようになりました。


2.電子制御の上送り喰い込みローラーで、力強く無理の無い作業が可能

粉砕時で一番作業にかかわる樹木を送り込む
ローラー部分、粉砕時にかかっている内部の
負荷を瞬時に読み取り、送るローラーの速度を
自動コントロールしています。
旧機種の下送りから上送りになったことで力強さもアップしました。


3.工具なしで簡単着脱!手軽に変えられるスクリーン搭載

旧機種にはなかったスクリーンを標準装備。
また、カルイのKDC-1300Bシリーズなどの
スクリーンに比べ交換時に下に潜り込む必要がなくなり、安全性・交換性・メンテナンス性が
向上しました。
※別売りオプションの網目スクリーンあり


4.送りローラーのツメを裏返せば、喰い付きにくい細枝の処理も可能

送りローラーには、樹木に喰い付き
送りをスムーズにするギザギザのツメ
(鬼ツメ)がありますが、細い枝を処理しようとした場合、ギザギザの谷部分に入ってしまうとうまく送り込むことが出来ませんでした。

この機種では、送り側にフラットな爪がついており、細い枝も送り込むことが可能になっています。


5.走行性能

握り式サイドクラッチに比べ、より簡便なレバー式サイドクラッチの採用によりラクに旋回できます。

複数変則ミッション(前進2速、後進1速)にとり走行性能を充実。
※こちらの製品はKDC-1300Bです


6.楽々メンテナンス

目詰りした部分なども、手軽にメンテナンス
出来ます。


7.ブロアの向きが自由自在 ※KDC-800Bのみ

ブロアの角度が自由に変えられます。

片手一本で、好きな向きに排出口を変えられます。
※こちらの製品はKDC-1300Bです


 


 

メディア掲載情報

新聞

◯農機新聞 「カルイ 新型樹木粉砕機を発売」

平成26年11月4日

※クリックすると画像が大きくなります。

 

◯農村ニュース 「8psで高性能を実現 樹木粉砕機KDC-800発売」

平成26年11月3日

※クリックすると画像が大きくなります。

主な仕様

形 式 KDC-800B(ブロア付き) KDC-800(ブロアなし)
全 長 1785mm 1300mm
全 幅 780mm 780mm
全 高 1100mm 1100mm
重 量 300kg 280kg
エンジン出力 OHVガソリンエンジン 5.8Kw(8Ps)
燃 料 無鉛ガソリン
処理能力 500㎏/h 700㎏/h
排出装置 空気搬送

※1 粉砕径及び処理能力は、粉砕物の材質や状態によって変化します。

 

 

粉砕機で生成した竹粉の活用方法

電話の前にコチラをクリックしてくださいメールでお問い合わせの方はコチラ

▲このページの上部へ