English

ユーザー登録はこちら

TOP

日本で初めて樹木粉砕機を作って48年!(株)カルイの粉砕機は、枝処理の重労働を軽減するだけでなく、粉砕チップは肥料になります。実演デモのお申込はお気軽に!

ポンプ公式ホームページへ

カタログダウンロード
▲1クリックでダウンロード
▶その他ダウンロードはこちら

製品・オプション価格表

カルイ製品取扱店一覧

zoom実演展示会

取扱説明書・パーツリスト

カルイ採用情報

デモ機を動画で見る
カルイ製品の動画一覧はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
デモ機無料出張実演会の申込はコチラ


チップサンプルのお申込はコチラ


粉砕機で生成した竹粉の活用方法はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
カタログのダウンロードはコチラ

資料請求・実演のお申し込みなど
お気軽にお電話ください
お問い合わせはフリーダイヤル【0120-933-090】まで!(受付時間:平日、午前8:00~午後5:00)メールフォームはクリック
お問い合わせはフリーダイヤル【0120-933-090】まで!(受付時間:平日、午前8:00~午後5:00)メールフォームはクリック

サイト内検索

よくある質問と回答

お客様の声をすべて見る

テレビ・新聞で紹介されました。メディア掲載実績

導入先一覧

  • 曹洞宗大本山總持寺
  • えんじょいネット
  • 山形大学
  • 東北芸術工科大学
  • 徳島大学
  • 大塚製薬
  • 山田養蜂場
  • 鹿児島市
  • 姫路市
  • 精華町役場
  • 井出町
  • 東北サファリパーク


▲粉砕機ドットコム


▲カルイ公式ホームページ

メディア掲載情報

受賞


※クリックで拡大します

平成27年3月16日山形市の山形グランドホテルに於いて、第26回きらやか産業賞贈呈式が行われ、きらやか銀行産業振興基金(理事長・粟野学同行頭取)様より謹んでお受けいたしました。

認証

テレビ


※クリックで拡大します

エンドロールに「協力 株式会社カルイ」と出ました。

※クリックで拡大します

※写真は撮影風景です。タレントさんが写っている写真はカットしました。

新聞・雑誌

先般の農機新聞に続き、(株)国際農業社様の農村ニュースにも取り上げて頂きました。
全国の農業関係の皆様に末永く信頼される企業で有るよう努力してまいります。

※クリックで拡大します

きらやか産業賞の拝受が業界紙の農機新聞に取り上げて頂きました。
業界の一企業として使命感を持ってこれからも精進してまいります。

※クリックで拡大します

[第26回きらやか産業賞]を頂戴することになりました。 きらやか産業賞は、技術革新や経営革新、国際化、教育訓練の面で特に優れた実績を挙げている県内の中小企業や団体・個人を顕彰するものです。 弊社の「お客様に対して正直なメーカーでありたい」「お客様の声を聴いて、確実に製品に反映して行く」という日々の努力が認めて頂けたものと感謝しております。 名誉ある賞に恥じぬようこれからも研鑽を積んで参ります。

※クリックで拡大します

※クリックで拡大します

取材の様子です。堆肥の状況を説明しているところです。

黒石市の浅瀬石地区中山間組合(成田良美組合長)は28日、せん定枝堆肥化のために導入した枝粉砕機の実演会を行った。

簡単な操作と処理の素早さに組合員の期待が集まった。

リンゴ農家で組織する同組合は、毎年大量に出るせん定枝を焼却せずに、堆肥として有効活用しようと、枝をチップにする粉砕機を二機導入した。

同地区のリンゴせん定は現在、七割ほど終わっている。来月中旬ごろにはすべて終了するとみられ、その後に枝粉砕機が出番を迎える。

同組合事務局の佐藤国男さんは「せん定枝を堆肥にすると園地の土が軟らかくなると言われている」と期待を込めた。

※クリックで拡大します

先般の農機新聞に続き、(株)国際農業社様の農村ニュースにも取り上げて頂きました。
全国の農業関係の皆様に末永く信頼される企業で有るよう努力してまいります。

※クリックで拡大します

きらやか産業賞の拝受が業界紙の農機新聞に取り上げて頂きました。
業界の一企業として使命感を持ってこれからも精進してまいります。

※クリックで拡大します

[第26回きらやか産業賞]を頂戴することになりました。 きらやか産業賞は、技術革新や経営革新、国際化、教育訓練の面で特に優れた実績を挙げている県内の中小企業や団体・個人を顕彰するものです。 弊社の「お客様に対して正直なメーカーでありたい」「お客様の声を聴いて、確実に製品に反映して行く」という日々の努力が認めて頂けたものと感謝しております。 名誉ある賞に恥じぬようこれからも研鑽を積んで参ります。

※クリックで拡大します

※クリックで拡大します

取材の様子です。堆肥の状況を説明しているところです。

黒石市の浅瀬石地区中山間組合(成田良美組合長)は28日、せん定枝堆肥化のために導入した枝粉砕機の実演会を行った。

簡単な操作と処理の素早さに組合員の期待が集まった。

リンゴ農家で組織する同組合は、毎年大量に出るせん定枝を焼却せずに、堆肥として有効活用しようと、枝をチップにする粉砕機を二機導入した。

同地区のリンゴせん定は現在、七割ほど終わっている。来月中旬ごろにはすべて終了するとみられ、その後に枝粉砕機が出番を迎える。

同組合事務局の佐藤国男さんは「せん定枝を堆肥にすると園地の土が軟らかくなると言われている」と期待を込めた。

※クリックで拡大します

電話の前にコチラをクリックしてくださいメールでお問い合わせの方はコチラ

▲このページの上部へ