English

日本で初めて樹木粉砕機を作って44年!(株)カルイの粉砕機は、枝処理の重労働を軽減するだけでなく、粉砕チップは肥料になります。実演デモのお申込はお気軽に!

カタログダウンロード
▲1クリックでダウンロード
▶その他ダウンロードはこちら

カルイ製品取扱店一覧

カルイ採用情報

デモ機を動画で見る
カルイ製品の動画一覧はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
デモ機無料出張実演会の申込はコチラ


チップサンプルのお申込はコチラ


粉砕機で生成した竹粉の活用方法はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
カタログのダウンロードはコチラ

お問い合わせはフリーコール【0120-933-090】まで!(受付時間:平日、午前8:00~午後5:00)メールフォームはクリック

サイト内検索

よくある質問と回答

テレビ・新聞で紹介されました。メディア掲載実績

導入先一覧

  • 曹洞宗大本山總持寺
  • えんじょいネット
  • 山形大学
  • 東北芸術工科大学
  • 徳島大学
  • 大塚製薬
  • 山田養蜂場
  • 鹿児島市
  • 姫路市
  • 精華町役場
  • 井出町
  • 東北サファリパーク


▲粉砕機ドットコム


▲カルイ公式ホームページ

製品情報:PTO-1700N

粉砕性能が更に向上し、最大粉砕可能径が170mmに!
トラクターPTO駆動のナイフ式「ドラコン PTO-1700N」の登場です!

粉砕動画

粉砕している様子を動画でご紹介。

特徴

1.粉砕性能

クラス最大粉砕可能径 170mm ※1
ブロアとスクリーン標準装備。
より均一なチップが排出されます。

※1 投入材の種類や状態、ナイフの状態、トラクター馬力等で粉砕されない場合や処理能力が落ちることがあります。

2.チップ粒度調整

工具無しで簡単着脱!手軽に変えられるスクリーン搭載。
スライド式スクリーンを標準装備。着脱が簡単で、オプション細目スクリーンへの変更で、竹を粉状に微粉砕することが可能です。

標準スクリーン24mm

オプション:細目スクリーン5mm

3.送りローラー替えツメ可能

▲鬼ツメ
▲フラットツメ

粉砕物の種類や作業状態に合った形状の鬼ツメ、フラットツメに交換が可能です。鬼ツメは太い投入材に、フラットツメは細い投入材を束ねて投入する際に適しています。

4.装着方法と所要動力

トラクターに装着し、粉砕作業と移動が行えます。
装着カテゴリーは下記の3種類です。
・JISⅠ型標準3P直装
・JIS標準オートヒッチ0.Ⅰ兼用(Sカプラ)
・JIS特殊オートヒッチAⅠ、AⅡ型(両ネジトップリンク使用)

適応トラクターは、20~30 馬力です。

ユニバーサルジョイント並びにトップリンク、カラー類は付属しません。

5.可変式ベース

▲水平置き
直装や格納時に

標準仕様で直装用に水平置き、オートセット用に傾け置きのどちらにも対応しています。3P直装、オートヒッチの着脱方法は下記の動画をご覧下さい。

▲傾け置き
オートヒッチ着脱時に

6.ブロアの向きが自由自在

排出ブロア先端が、上下左右自由に角度調節ができますので、排出方向位置を簡単に変えられます。

7.ブロアダクト標準装備

チップや粉塵を飛散させたく無い場合や、ブロアでうまく飛ばない場合は上方排出を遮断し、低い位置で真横に排出することも可能です。

※ブロアダクト着脱には工具が必要です。

8.開閉式の投入トレイ

▲作業時
▲移動・格納時

作業時・移動時・格納時に合わせて開閉できるコンパクト設計です。

主な仕様

型 式 PTO-1700N
本体質量 320kg
全 長 1727mm(1182mm)
全 幅 1029mm
全 高 1342mm
種別 農用トラクタ後部3点リンク
推奨動力 14.7kw~22kw(20~30馬力)
PTO軸回転数 1200±100rpm
装着カテゴリ・方式 JISⅠ型 標準3P直装
JIS標準オートヒッチ0-Ⅰ兼用(Sカプラ)
JIS特殊オートヒッチA-Ⅰ、A-Ⅱ型(両ネジトップリンク使用)
粉砕方式 チッパーナイフ式
刃物数 平刃物 4枚
最大処理径 Φ170mm(軟質材)※1
供給方式 電子制御くい込みローラ
調速装置 電子送り制御(負荷検知自動入切、逆転付)
必要電源 DC12V 2A
排出方式 空気搬送ブロア投射 / 下部水平排出
ダクト高さ 1342mm / 394mm
排出方向 全方位回転 / トラクタ左方向固定

※1 トラクタのエンジン出力・投入材の材質や状態・本機刃部の損耗状態等により処理出来ない場合があります。

粉砕機で生成した竹粉の活用方法

パンフレットのダウンロード

↓クリックすると印刷用画面が開きます。

電話の前にコチラをクリックしてくださいメールでお問い合わせの方はコチラ

▲このページの上部へ