English

ユーザー登録はこちら

TOP

日本で初めて樹木粉砕機を作って46年!(株)カルイの粉砕機は、枝処理の重労働を軽減するだけでなく、粉砕チップは肥料になります。実演デモのお申込はお気軽に!

カタログダウンロード
▲1クリックでダウンロード
▶その他ダウンロードはこちら

カルイ製品取扱店一覧

zoom実演展示会

カルイ採用情報

デモ機を動画で見る
カルイ製品の動画一覧はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
デモ機無料出張実演会の申込はコチラ


チップサンプルのお申込はコチラ


粉砕機で生成した竹粉の活用方法はコチラ

デモ機無料出張実演会の申込はコチラ
カタログのダウンロードはコチラ

お問い合わせはフリーコール【0120-933-090】まで!(受付時間:平日、午前8:00~午後5:00)メールフォームはクリック

サイト内検索

よくある質問と回答

テレビ・新聞で紹介されました。メディア掲載実績

導入先一覧

  • 曹洞宗大本山總持寺
  • えんじょいネット
  • 山形大学
  • 東北芸術工科大学
  • 徳島大学
  • 大塚製薬
  • 山田養蜂場
  • 鹿児島市
  • 姫路市
  • 精華町役場
  • 井出町
  • 東北サファリパーク


▲粉砕機ドットコム


▲カルイ公式ホームページ

技術開発課 渋江雄一 インタビュー

1.株式会社カルイでの仕事内容

─カルイではどんな仕事をされていますか?

私は主に粉砕機の新機種開発をしております。 

どんな製品を作るか、どんなデザインにするか、どんな部品を使うかを考え、3D CADでバーチャルモデルを作ります。そして、それを図面化したものをもとに資材部の方に部品を調達してもらいます。

3D CADで新製品の開発をしています

部品が揃ったら試作品を自分で組み立て、実際に動かしてみて性能を確かめます。

その結果を工場長に報告して改良を重ねながら製品化していきます。

─1日のスケジュールを教えてください。

開発業務では、1日の中で決められたスケジュールというのは特にないですね。

3D CADをずっと操作している日もあれば、製品を加工してくれる協力会社の方とミーティングをしたり、試作品の組立てをしたり…と、その日ごとに仕事の内容は変わります。

2.仕事でやりがいを感じること・嬉しかったこと

─この仕事でやりがいを感じることや、嬉しかったことを教えてください。

当社カルイで作った商品を購入してくださったお客さんから喜びの声を聞けた時でしょうか。

これを買って良かった、便利だというお言葉を頂きますが、作り手としてそれ以上に嬉しいことはありません。

 

あとは、自分が図面を引いたものが形になり世の中に送り出すのは、開発の醍醐味だと思います。

3.カルイの魅力と応募したきっかけ

─カルイの魅力を教えてください。

当社の魅力は、自社製品を作って全国展開しているところです。

自分たちが考えて自分たちが作ったものをエンドユーザーさんに評価して戴けるのは面白いですし、お客さんに喜んでもらえる製品を作ろうというのは生きがいでもあります。

─カルイに応募したきっかけを教えてください。

歴史のある会社ですから、山形の工業の製造関係では割と有名なんです。

年配の方にはいまだにカルイの前身であるカルイ工業時代を覚えている方もいらっしゃって、「でっかい工場だったよね」などという話を聞きかじっていました。

その会社がまだ残っているというので、気になったのがきっかけです。

 

その後の面接時に会社を見学させていただいたのですが、すごく古い機械がまだ残っていて、機械に歴史を感じました。

個人的にアナログな機械が好きで、いくら便利な世の中になっても、古い時代の機械で仕事をしていた職人気質は忘れてはいけないと思っているんです。

この会社なら、自分の能力でもお役に立てそうだと、ここにお世話になってみようかなと思いました。

4.今後の目標と先輩社員からのメッセージ

─今後の夢や目標を教えてください。

まずは、今手がけている機種がユーザー様から高評価をいただけるよう頑張るのが当面の目標ですね。

将来的には、今は粉砕機をメインで作っていますが、同じ農業方面でも一味違う自社商品を作ってみたいです。

会社的にも良いと思いますし、仕事としてやりがいが出てくると思います。

─最後に、未来の社員の方に向けて先輩社員からの一言メッセージをお願いします。

この業界で設計や開発の仕事を希望するのであれば、ひたすらデスクワークでCADを触るだけでなく、実際の製品を自分で弄ってみて、製品の作り方・組み立て方を覚えることが大事です。

自分が作り方を知らないものは、図面も描けません。

そのためには、製作の現場に入って勉強することも必要だと思います。

 

自分の生み出したものを自分で触れる、ただのデスクワークにとどまらない開発を目指して頑張ってください。

設計したものを自らの手で組み立てます

電話の前にコチラをクリックしてくださいメールでお問い合わせの方はコチラ

▲このページの上部へ